陶芸のメリット

陶芸と聞いて皆様は、どのような印象をお持ちになりますか。面白そう、難しそう、趣味の一環としてなど、人それぞれ様々な印象をお持ちのことと思います。実際に陶芸には面白い中にも難しい要素も含まれておりますし、趣味としても夢中になるほどの魅力がございます。 こちらでは、陶芸のメリットについてご紹介いたします。

奥深さを味わえる

芸術という言葉があてはまる陶芸ですが、そのメリットは奥深さにあります。全国には、数多くの焼物がありますが、土地によって扱う土の質は異なります。 その土地ならではの特徴をいかし、豊富なバリエーションが焼物にはございます。バリエーションの分だけ、奥深さの味わいも更に増し、陶芸の魅力を感じて頂けると思います。

セラピーのひとつとして

近年、セラピーとしても陶芸は注目されています。介護施設にて陶芸教室のレクレーションなど実施しているケースも多く、参加者が陶芸を楽しみ、ものを完成させるという自信の獲得、ストレス発散、手先をよく動かすことからリハビリとして適していると考えられています。 陶芸は、指を動かす細かな作業やイメージを形にするため、脳に働きかけてくれます。脳の活性化は、心身ともに豊かにしてくれる可能性の宝庫でもあることから、陶芸がセラピーのひとつとしてメリットがあることもお分かり頂けると思います。

喜ばれるプレゼント

陶芸で気持ちを込めてつくった作品を、家族や友達にプレゼントすると喜んでもらえます。気持ちを込めた分だけ、その喜んでもらえたことに対する思いも大きくなるのではないでしょうか。陶芸は、つくる喜びを味わうだけでなく、プレゼントで相手に喜んでもらえるメリットもあります。

炎の里では、陶芸体験コーナーにて、素焼きの器に絵や文字を書いたりする絵付け、土から器や人形、置物など、ろくろを使いおつくり頂ける粘土体験が楽しめます。広々としたスペースで大人から子供まで楽しめるようになっております。 愛媛県伊予郡砥部町に訪れた際には、砥部焼に触れる良い機会です。炎の里にも、ぜひ足を運びになってギャラリーとしてだけではなく、陶芸体験して頂けたらと思います。四国は、八十八ヶ所のお寺を巡るお遍路コースも有名です。四国の市町村で最も多い八ヶ所のお寺が松山にはございます。松山に観光に訪れた際にも、お気軽に砥部町にお立寄りください。