愛媛の観光スポット

みかんの産地として知られる愛媛県は四国地方の北西に位置し、北側には瀬戸内海に面した平野が広がり、瀬戸内海、宇和海には200余りの島々があります。そんな美しい自然に囲まれた愛媛県への観光を検討なさっている方もいるのではないでしょうか。愛媛県には様々な魅力ある観光スポットがあるためぜひ、一度は足を運んで頂きたい県です。愛媛県内は一次産業が盛んな南予地方、二次産業が盛んな東予地方、三次産業が盛んな中予地方と大きく三つの地域に分かれ、同じ県内ながらも方言や気質など文化に若干の違いが見られるのも特徴です。

温泉

愛媛県の観光スポットといえば、道後温泉は外せないという方もいるのではないでしょうか。日本三古湯の一つに数えられる温泉郷で3000年の歴史を持つともいわれています。

歴史

愛媛県にはいくつものお城があるなかでも松山城が有名です。松山城は日本で12箇所しか残っていない江戸時代以前に建造された天守を有する城郭の一つです。現存12天守の中では最も高い標高に位置しており、唯一瓦には葵の御紋が施されております。

レジャー

スポーツと憩いの場を兼ね備えた総合公園であるしおさい公園は体育館や野球場、競技場などの施設が充実し、子供達に大人気の遊具もたくさん揃っておりますので家族で楽しむことができます。

自然

愛媛県の自然を満喫するなら四国カルストはおすすめです。日本三大カルストの一つで気分爽快な牧場地帯と雄大な風景を楽しむことができます。

愛媛県の文化を知るなら

以上のように愛媛県には様々な観光スポットがありますが、愛媛県の文化に触れるのであれば砥部焼観光センター炎の里にお越しください。愛媛県砥部町は200年以上の歴史がある伝統工芸品である砥部焼の産地として知られています。 炎の里ではそんな愛媛県が誇る伝統産業である砥部焼の世界を学べる観光施設であるため、砥部焼の世界を満喫することができます。多くの窯元による砥部焼の作品展示販売コーナーや記念絵付け体験など大人から子供まで楽しめます。気持ちのこもったオリジナル記念品をぜひ、作ってみませんか。