和食器の基礎知識

日本料理に欠かせない和食器は、世界でも類を見ないほど多種多様です。また、和食器は洋食器とは違い、用途は自由です。よって、一つの器でいろいろ楽しむことができるのです。そして四季折々の季節感を表現した和食器では季節ごとに合わせて使用することができます。

和食器の使い方

自由に様々な器を組み合わせるのが和食器の楽しさです。同じ形の和食器だけを並べるだけではなく、アクセントを一つ配置すると良いでしょう。さらに、丸い食材は角のある和食器に盛り付け、反対に角のある食材は丸い和食器を使用するなどの工夫をすると、料理がより美味しそうに見えます。また、和食器には和食を盛り付けるという考えを払ってパスタやシチュー、ケーキやクッキーなどを盛り付けると、カフェのようなおしゃれな雰囲気も出ておすすめです。

和食器の中でも丈夫な器

和食器の中でも特に丈夫な器といわれるほど、強くて扱いやすいのが愛媛県砥部町を中心に作られている砥部焼です。和食器選びでは、普段使用する際に扱いやすいものを選ぶというのが大切なポイントになります。せっかく気に入った器に出会えたら毎日でも使用したいものです。 しかし、いくら気に入った器でも扱いにくいものは使用する頻度も少なく、食卓に出る回数も減ってしまいます。砥部焼は和洋中と多用途に使用することができるため、ぜひおすすめしたい和食器の一つです。

そんな砥部焼の魅力に触れるなら炎の里をご利用ください。四百年にわたって培われてきた伝統の技の全てを、実際に間近でご覧頂けます。砥部焼は今もそのほとんどが手作りという伝統を守り続けています。 愛媛県への観光でお近くにお立寄りの際はお気軽にお越しください。また通信販売も行っておりますので、砥部焼の購入をすることができます。ほとんどの窯元の商品が取り扱い可能ですのでお気軽にお問い合わせください。